· 

浴衣の歴史ー高知で脱毛するなら*Salon Ameri*

 


最近はお祭りなどのイベントも減り、浴衣を着る機会も少なくなっている方が多いのではないでしょうか??


そんな浴衣ってどんな歴史があるのだろう?とふと思い、調べてみました☆


そもそもの起源は平安時代の帰属が蒸し風呂に入る時、水蒸気でやけどをしないように着たことから始まったとされています◎


浴衣の語源は、湯帷子(ゆかたびら)と言われ、平安時代に入浴時に着られていた着衣でした!

その後、汗を吸い風通しの良いことから湯上がりに着られる着衣となり、就寝時に寝間着として用いられるように!

やがて、江戸時代の中期に入りいまのような着方に近い、ちょっとした外出着にも着られるようになります◎



素材に関しては、平安時代は麻素材が主流で、湯上がり着や寝巻き着として着られるようになってからは、木綿が使われるようになり、当時は白地の木綿を藍で染め抜くものが原則だったそう!!


当時、入浴とは言っても現在のように湯に浸かるのではなく、蒸気を浴びる蒸し風呂で複数の人と入浴することとなり、汗取りとやけど防止、裸を隠す目的で使用されたものとされています!


浴衣が庶民の間に広がったのは、江戸後期に風呂屋が普及したことに因ります!

風呂には裸で入るようになりましたよね?

だから浴衣も初めは湯上がりの汗を拭き取るために今のバスローブのように、風呂屋の二階などで来ていたものが次第にそのまま着て外に出られるようになり、下着から外出着へとその用途を変えていきました!


また、浴衣には暑い日本の夏を快適に過ごす工夫が凝らされています!

古典的な浴衣には紺地と白地が多く見られますが、白地の浴衣は昼用で、家の中で着ると真夏でも涼しく過ごせます◎

紺地の浴衣は紺色に染めるために使われてる「藍」の香りを虫が嫌うことから、虫の多く出る夕方から夜にかけて着用するのが良いとされています!



こうやってみると、浴衣ってなかなか凄い機能や日本人の知恵がありますよね^ - ^


今年は浴衣を着て出かけたいですね♪




 

ご予約はホットペッパービューティー、LINE、お電話にて📲

 

友だち追加

LINE@友達登録で500円オフクーポンプレゼント🎁

ご予約やご質問など随時受け付けております。(施術中など返信にお時間を場合がございます。予めご了承くださいませ)