入浴による3つの効果ー高知で脱毛するなら*Salon Ameri*

 


湯船でお湯に浸かると次の3つの作用があります。

1.温熱作用
入浴の効果で一番自覚しやすいのが、温熱の効果では無いでしょうか?
皮膚の毛細血管や皮下の血管が広がることで、全身の血流が促進されます。
オススメは37~40℃の不感温度と言われるものです。
自律神経の副交感神経系が優位になり、筋肉や関節組織が弛緩する効果やリラックス効果が得られると言われています。

2.浮力の作用
湯船に浸かったときに身体が軽く感じられるのが浮力です。水深により影響は異なりますが、首まで浸かった場合は体重が約1/10になるとされています。常に働いている筋肉や関節への負荷が減り、浮遊感によるリラックス効果も期待できます。

3.静水圧の作用
動かない水のなかで身体に働く水の圧力のことを「静水圧」と言います。この作用により、手足の血管や腹部の内臓などが刺激を受け、全身の血行改善やむくみ解消などに役立ちます。

これら3つの作用により、新陳代謝が高まって体内の老廃物や疲労物質などが排出されやすくなります。入浴により肩のコリや筋肉痛などの改善も望めます。これらが総合的に働くことで健康効果が生まれるそうです。

お風呂嫌いですが、なるべくお風呂に浸かるようにしたいと思います(*^^*)

 

ご予約はホットペッパービューティー、LINE、お電話にて📲

 

友だち追加

LINE@友達登録で500円オフクーポンプレゼント🎁

ご予約やご質問など随時受け付けております。(施術中など返信にお時間を場合がございます。予めご了承くださいませ)