塩洗顔!ー高知で脱毛するなら*Salon Ameri*


ブログ画像
皆さん、塩洗顔って知ってますか?

塩を使った洗顔というのは、浸透圧効果、引き締め効果、殺菌効果、漂白効果など、かなりの効果も期待できるということで、多くの人に認知されているものらしいです!!

そこで今回は、塩洗顔のメリットとデメリットを確認した上で、そのデメリットを解消し、今まで以上に使いやすい新しい塩洗顔の方法ご紹介してみたいと思います♪
 
【塩洗顔の方法】
●蒸しタオルで毛穴を開かせた後に、顔全体のお肌をぬるま湯で洗います。
●濡れた顔をスプーン1さじ程度の塩で優しくマッサージ。
●顔全体のマッサージ後、ぬるま湯で洗い落とします。

塩洗顔や塩洗いは、力を入れなくても汚れや古い角質などは落ちるので、力の入れすぎで肌を傷つけないよう気をつける必要があります。

化粧をした時は、クレンジングを使うので塩洗顔はせず、低刺激の泡洗顔をするようにしましょう。

洗顔と塩洗顔を合わせた洗顔をしていると、逆に脂を取りすぎて乾燥をまねいてしまうのでダブル洗顔は注意が必要です!

塩洗顔をするのに最適なのは、自然塩です。

自然塩というと、岩塩と海塩のふたつがあるのですが、美肌づくりをするうえで適しているのは実は「海塩」の方です。

海塩は美肌に有効なミネラルの含有量が岩塩に比べて、全体的に多いらしいです!!

人の肌は、日々新しく生成され、古くなった皮膚は剥がれ落ちていきます。
そこで、塩を少量溶いた水を使った塩洗顔や、体に擦り込む方法で、塩に含まれるナトリウムによって、古くなった肌の細胞から水分を吸収して剥がれ落ちやすくすることで、体の新しい肌を生成させる機能を生かすという仕組みなんです!

特に顔は、塩の浸透圧効果で、皮脂や小鼻の細かい角栓を吸着するので、塩洗顔は美肌を目指す人に特におすすめできるのです。

塩が持つ高い塩分濃度は、殺菌効果があり、塩洗顔や体の塩洗い、塩風呂でニキビや吹き出物の改善、アトピー性皮膚炎の緩和などの効果があるそうです。
また、この殺菌効果は体臭の改善効果も期待できるそうなんです!

塩の効果はすごいけど、少し注意するところもあります。毎日行ってしまうと、逆に肌が悪化する恐れがあります。肌は1日で急に切り替わるわけではなく、塩洗顔や塩洗い、塩風呂も1週間に1~2回程度にしておくことが大切です。

過度の刺激は避けて、肌の休息も重要ですよね!!


 

ご予約はホットペッパービューティー、LINE、お電話にて📲

 

友だち追加

LINE@友達登録で500円オフクーポンプレゼント🎁

ご予約やご質問など随時受け付けております。(施術中など返信にお時間を場合がございます。予めご了承くださいませ)