· 

しっかり食べて美肌を目指すー高知で脱毛するなら*Salon Ameri*

 
冬が終わり暖かくなると、気になるのが紫外線。
日焼け止めを塗ったり、日傘を使って紫外線を防いでいる方も多いかと思いますが、それらに加えて美しい肌を作るためには日々の食事で内側からのケアも欠かせません(>_<)


春から強くなる紫外線!
紫外線とは太陽から出ている光線の一種で、これを浴びることによってシミやソバカス、肌のシワやたるみ、炎症を引き起こす原因となります。。


皮膚は3つの層からできていて、普段私たちが触ることのできる表皮と、その下にある真皮、最下層にある皮下組織の3層で構成されています。

さらに皮膚の外側の層である表皮は、上から角層、顆粒層、有棘層、基底層の4つの層から構成されます。

紫外線を浴びることで基底層にあるメラノサイトの働きが活性化され、メラニンが作り出されます。本来メラニンは細胞を守るために作り出されるのですが、このメラニンが過剰に作り出されてしますと色素が沈着してシミとなるのです( ̄▽ ̄)

ブログ画像
美しい肌を作るために必要な栄養素は、
タンパク質、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛が重要です(・∀・)

肉、魚、卵、豆製品、乳製品などに多く含まれるタンパク質は、肌をはじめとする体を構成するのに必要な栄養素です。
そのため、肌の主成分であるタンパク質が不足してしまうと肌の状態も悪くなってしまいます。

タンパク質は一度に多く食べても体の中に留めておくことができないため、毎日摂る事がポイントです( ̄^ ̄)


ビタミンCには肌にハリと弾力を与えるコラーゲンの合成を助ける働きがあります◎
また、シミの原因となるメラニンの生成を抑え、さらに生成されてしまったメラニンを還元する作用もあります(´∀`*)


ビタミンEには血行をよくしてくれる働きがあるため、肌にハリと潤いを与えてくれます。
古い細胞から新しい細胞へと生まれ変わる新陳代謝を促す働きもあります◎


亜鉛には肌の主成分であるタンパク質の合成を促進する働きや、新陳代謝を促す働きがあります。
また、最近の研究では皮膚のコラーゲン維持には亜鉛が必要だという研究結果も出ています。

亜鉛は摂りづらい成分でもあります。亜鉛を特に多く含む食物は、牡蠣、牛肉、豚肉、卵、ごま、のり、ワカメ、昆布、カニ、スルメ、白米、納豆、ブロッコリー、レバーなどです◎

楽しく食べて、かしこく美肌をゲットしましょう\(^o^)/


ご予約はホットペッパービューティー、LINE、お電話にて📲

 

友だち追加

LINE@友達登録で500円オフクーポンプレゼント🎁

ご予約やご質問など随時受け付けております。(施術中など返信にお時間を場合がございます。予めご了承くださいませ)