· 

インナーケア(食事編)ー高知で脱毛するなら*Salon Ameri*

 

ブログ画像
「スキンケアは変えていないのに、
 最近肌荒れやくすみで調子がイマイチ」

春から初夏にかけての季節は花粉や気温の寒暖差、強くなる紫外線、新しい生活環境による精神的ストレスなど、お肌の調子を狂わせる要因が特に集中しています。

身体本来の修復力を引き出すインナーケアで対策しましょ(^^)

『インナーケア』とは、栄養バランスの良い食事・適度な運動・充分な睡眠といった生活全般の質を向上させ、身体の内側からアプローチする美容法です。

たとえば、お肌のトラブルを改善したいとすると、身体をあたためる食材を使った食べ物や飲み物を摂ったり、湯船に浸かって血行を促進した方が、ファンデーションを塗り重ねるよりずっと効果的なんですね。

さて、今回は食事についてお話しします(*^^*)

健康と美容において栄養は欠かせない存在
食事から積極的に取る必要があります。

インナーケアに必要な栄養素をご紹介していきますね(^^)/

ビタミンA→"抗酸化作用、免疫力向上"
ほうれん草、にんじん、かぼちゃなどの緑黄色野菜。
スープにすると消化の良い状態で美味しく食べられます♪

ビタミンB群→"肌荒れ改善、ターンオーバーの促進"
ナッツ類・卵・牛乳・レバー・さば・バナナ・小松菜など。
バナナや牛乳なら朝食で手軽に摂ることができて便利です♪

ビタミンC→"抗酸化作用、メラニン色素の生成抑制"
よく聞きますね♪果実、野菜、芋類に多く含まれます。
野菜や果実は時間経過や加熱でビタミンC消失するので新鮮なうちに食べることが大切です。
芋類のビタミンCは熱に強く、お料理て幅広く活用できます!肌トラブルやシミ予防の為にも積極的に取りたいですね(^^)

ビタミンE→ "強い抗酸化作用"
活性酸素から体を守り、老化や生活習慣病予防にも。
強い抗酸化作用でアンチエイジングにも効果を発揮!
ナッツ類やうなぎ、たらこ、かぼちゃなどに多く含まれます。

パントテン酸
ビタミンC・Eと一緒に摂取すると高い抗ストレス効果を発揮!
また、ビタミンB6や葉酸と一緒に摂取すると免疫力が強化!
レバー、鶏肉、納豆、アボカド、さつまいもなど。
納豆は女性にとって大切なイソフラボンも豊富なのでアボカドとの組み合わせは美肌づくりへの最強コンビですね♪

でも全部取るのは難しいので1日2種類や3種類と、
日頃の食事の中に少しずつ取り入れて行くといいですよ(*^^*)


ご予約はホットペッパービューティー、LINE、お電話にて📲

 

友だち追加

LINE@友達登録で500円オフクーポンプレゼント🎁

ご予約やご質問など随時受け付けております。(施術中など返信にお時間を場合がございます。予めご了承くださいませ)