· 

日焼け止めの必要性ー高知で脱毛するなら*Salon Ameri*

 ブログ画像日焼けの原因が紫外線にあることは知ってる方も多いですよね( ´ ▽ ` )

紫外線には大きく分けて、
波長が長い順に、A波・B波・C波の3種類に分類されます!

日焼けの原因となるのはB波です( ̄▽ ̄)
B波は強いエネルギーを持っており、屋外でB波を浴びることで、肌表面の細胞が傷つけられたり、炎症を引き起こされたりします( ̄O ̄;)

B波が厄介なのは、肌をこんがり黒く日焼けさせるだけでなく、炎症を起こしてまるでヤケドをしたかのように肌が赤くなったり、シミやそばかすの原因となったりするところ(T ^ T)


シワやたるみの原因は、A波( ̄  ̄)
A波を浴びてもB波のように肌の表面が日焼けすることはありませんが、肌表面ではなく肌の奥まで入り込むのが特徴です。

肌内部の真皮層とよばれるところまで到達し、コラーゲンやエラスチンを生み出す細胞などを傷つけてしまうのです( ̄▽ ̄;)

これにより、肌は弾力を失いシワやたるみができてしまいます。。

A波はB波・C波に比べて長い波長を持つため、オゾン層や雲、窓ガラスも通り抜け、人間の肌の中まで届いてしまうのです(*´-`)

屋内・屋外、さらに季節を問わずA波の影響を受ける可能性があります( ̄O ̄;)


C波はオゾン層の破壊によって降り注がれます。。
最も有害なのがC波ですが、現在のところC波はオゾン層などに遮られて地表にまではほとんど届いていません( ´ ▽ ` )


日焼け止めは必要!!
では、どんなものを選べばいいのか??

ご存知の方も多いかと思いますが、
日焼け止めを選ぶ基準となるのは「SPF」や「PA」といった数値です◎


SPFはB波から肌をどのくらいの時間防ぐかという効果を表した数値です\(^^)
数値が大きいほど防止効果が長く大きくなると言われています◎

PAはA波から肌を守る効果を表しています!
PAは「+」の数で効果の強さを示していて、「PA+」から「PA++++」までの4段階で表示されていて、+の数が多いほど防御効果が高いことを表しています(´∀`)


紫外線は年中降り注いでいます!
日本において、紫外線が高くなるのは3月から9月頃と言われています( ̄▽ ̄)
紫外線が強いのは夏だけじゃないのです。。

10月から2月の間でもA波には注意が必要です!
A波は曇りの日でも雲を突き抜けて降ってくるのでしっかりと日焼け止めを使いましょう◎


夏はもちろん、冬でも注意が必要ですね( ̄▽ ̄)

ご予約はホットペッパービューティー、LINE、お電話にて📲

 

友だち追加

LINE@友達登録で500円オフクーポンプレゼント🎁

ご予約やご質問など随時受け付けております。(施術中など返信にお時間を場合がございます。予めご了承くださいませ)